暮らし

【一戸建て購入】火災保険に入らないとどうなるの?もしもの備えについて考えてみる

マイホームのローンを組みたいけど、火災保険に加入しないといけないの?加入しているけど、保険料が高くて困っている。
まいやん
まいやん
元不動産会社スタッフのまいやんが加入する理由について解説します!火災保険は他社と比較することで保険料を抑えることできるよ。

火災保険とは、火災などの災害から家を守るための保険です。

この記事では火災保険について詳しく解説します。

  • 火災保険の加入は義務なのか
  • どんな保険なの?
  • 加入しないとどうなる?
  • 保険料を安く抑えるためには

自分に合った火災保険に加入するポイントも紹介しているので、最後までお読みくださいね!



火災保険に入らないと住宅ローンを組めない可能性もある?!

火災保険に加入するタイミングとして多いのは、アパートやマンションを賃貸するときです。

賃貸のときは、不動産会社の案内に従い、火災保険に加入した経験を持つ方も多いと思います。

では、マイホームを建てるときは火災保険に加入すべきなのでしょうか?

実は、火災保険は任意保険なので、必ず加入しなければならないものではありません。

しかし、マイホームを建てるためにローンを組む場合、火災保険への加入が必要です。

だからといって、なんの疑問も持たずに加入すると、損することもあります。

まずはマイホームに対して、火災保険の保険料やオプションが合っているか?を調べることから始めましょう。

火災保険とは?

まずは火災保険が、どんな保険なのか紹介します。

  • 火災保険の保障内容
  • 火災保険の注意点

火災保険の保障内容

火災保険の保障内容は以下の通りです。

リスク 保障内容
火災 放火などによる火災
落雷 落雷による損害
水害 台風や豪雨などの洪水による水害
爆発・破損 ガス漏れなどによる爆発・破損
風災・雹災・雪災 台風や豪雪などによる損害
漏水 漏水などによる損害

【例】給排水設備の事故

集団行動などに伴う、破損行為など 集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害
盗難による、盗取・損傷など 盗難などによる、盗取、損傷、汚損の損害
建物外部からの、飛来・倒壊など 建物の外部からの物体の落下などによる損害

【例】自動車が家に突っ込んできた

突発的な事故 偶然な事故の損害

【例】間違って家の壁を壊してしまった

この表で紹介したのは、保障内容の一部なので加入している保険の内容やオプションなどを確認しましょう。

火災保険が適用外な事例

火災保険では、地震による以下の事例の災害は保険が適用しません。

  • 地震によって、家が火事になった
  • 地震による津波で、家が漏水した

地震による災害には、地震保険への加入を検討しましょう。

マイホーム購入には火災保険に加入する必要があるの?

マイホームを購入するためにローンを組む場合、火災保険への加入が必要です。

理由は、火災によって家が消失した場合、住む家がないのにローンの支払いをする必要があるからです。

不動産会社の本音としては、火災によって担保(この場合は家)が失われることや担保の価値が下がるのを防ぐためでもあります。

つまり、不動産会社やローンを提供している金融機関は、火災保険に加入さえしていればOKで、火災保険会社にはこだわっていません。

たまに、このローンを組むには○○保険会社と指定してくるケースもありますが、基本的には自分の好みの火災保険を選ぶことができます。

他社と比較して加入することで、長期間支払うことになる保険料を安くすることができるのです。

自分に合った火災保険に入るため比較することが大切

不動産会社や金融機関が案内する火災保険も良いプランがたくさんありますよね。

しかし、内容を把握せずに加入することで、高額な保険料を支払うこともあります。

自分に合った火災保険に加入するためには、他社と比較して検討することが大切です。


ローンの支払い途中であっても、別の火災保険に変更することもできます。

まずは今のマイホームに対して、保険料が高くないか?オプションが余分ではないか?を調べてみましょう。

インズウェブ火災保険一括見積もりサービス

まとめ

今回は、火災保険について解説しました。

  • 火災保険は任意保険
  • マイホームのローンを組むためには、火災保険に加入する必要がある
  • マイホームが火災で焼失したときに、住む家がないのにローンの支払いが発生する
  • 火災保険を安く抑えるためには、保険会社を比較することが重要

マイホームを購入するためには、火災保険への加入は必須条件です。

しかし、任意保険なので自分に合った保険を選ぶことができます。

保険会社を比較して、条件に合ったプランの保険に加入しましょうね。

この記事を参考にして頂けたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!