育児

初めての出産で無痛分娩を選択!体験してみて感じたこと

今回の記事は無痛分娩について書いていきます。

無痛分娩と聞くと楽な出産だと思っていたら大間違い!出産までにいくつもの難所がありました。

しかし、結果的には無痛分娩を選んで満足のいく出産ができました。

 

こんな人におすすめ
  • 出産を控えている方
  • 無痛分娩について悩んでいる方
  • 無痛分娩のリスクや費用を知りたい方

参考にしていただけると幸いです。

 

無痛分娩とは?

無痛分娩とは麻酔によって陣痛の痛みを和らげ、分娩する方法です。

陣痛の痛みの緩和のため一般的には硬膜外麻酔を用います。

無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築について

無痛分娩に使用する硬膜外麻酔は腰当たりに太めのカテーテルを入れ、陣痛に合わせて麻酔を注入します。

この硬膜外麻酔は出産以外にも婦人科系の手術や腹部の手術など痛みが強くでる手術に使用されます。

 

無痛分娩のメリットと選んだ理由

まず無痛分娩にはメリットがあります。

  • 陣痛の痛みを緩和してくれる
  • 痛みへの恐怖が減りリラックスして出産できる
  • 出産からの体力の回復が早い
  • 計画分娩になることが多く心の準備ができる

いくつかあるメリットの中でも私が無痛分娩を選ぶ一番の理由となったのが陣痛の痛みが緩和できることです。

私が出産に対して一番ネックだったのが陣痛の痛みです。

 

大切な我が子のためなら乗り越えられるという聖母のような母親もいるかもしれません。

そのような母親は本当に尊敬に値します。

私には聖母のような母親になるのは無理でした。

 

自慢じゃないですが私は痛みにものすごく弱いです。

とてもじゃないけど出産という未知の痛みに耐えられるとは思いませんでした。

 

『母親失格』のような心無い言葉を受けたとしても母親だって怖いものは怖いし、痛いものは痛いと言いたい!

このような理由で無痛分娩を選択しました。

 

そして次に私には計画分娩がとても魅力的に感じました。

計画分娩とは、予め出産日を決めて出産する方法です。

無痛分娩では麻酔等の準備があり、24時間無痛分娩に対応している産院以外は計画分娩になることが多いです。

計画分娩については子供のお誕生日を私の都合で決めてしまう。とネガティブに考えがちです。

しかし出産はいつになるかわからないものなので、旦那さんの仕事によっては急に産院に駆け付けられない場合もあります。

予め出産日が決められている計画分娩は旦那さんの都合も合わせやすかったりします。

 

私は計画分娩になったことにより、夫や両親とも都合がつき万全の体制で出産に臨むことができました。

 

このような理由が決めてとなりました。

無痛分娩を選択したことに後悔はありません。

もし今後子供を出産することになっても100%無痛分娩を選択します。

 

私が体験した無痛分娩

無痛分娩での出産の流れを簡単に説明します。

前日の入院→翌日に出産→赤ちゃんとの生活が始まる

このような流れだと産院から教えていただきました。

 

この説明を聞き、私は無痛=楽だと勘違いしました。

マジで大変です。

 

それでも陣痛に何十時間も耐えるよりははるかに良かったと思っています。

無痛分娩をするまでの難所について私の体験を書いていきます。

 

第一の難所 硬膜外麻酔

計画分娩になる無痛分娩は出産予定日の前日から入院します。

私の場合はまず出産同意書に署名をし、点滴の注射を刺しました。(そこそこ痛い)

そして早速硬膜外麻酔の準備に取り掛かります。

 

硬膜外麻酔については前述しましたが、腰にカテーテルを入れます。

そのカテーテルを入れるための注射針の針がとても太いのです。

 

点滴用の注射針より太いので見た目が相当怖い!

 

実際の注射の痛みは麻酔針の注射よりは少し痛いくらいなので針の見た目ほどの衝撃はありませんでした。

しかし、初めての硬膜外麻酔だったので体もガチガチで先生の指示通り体制を作ることができませんでした。

 

結局は2回も注射針を刺すことになりました。泣

『ちゃんと体制をとらないから失敗しましたよ!!』と先生からお叱りを受けることになります。トホホ

 

注射に失敗したとしても麻酔の注入場所を間違えなければ事故にはつながらないのでご安心ください。

私は注射に失敗しましたが、無事出産できました。

 

またカテーテルは出産するまでそのままです。

痛み等はないですが、出産するまでお風呂は入れないので地味につらいです。

 

第二の難所 バルーン

硬膜外麻酔の注射に乗り越えたらすぐにバルーンの挿入に入ります。

バルーンとは小さいの水風船のようなものを子宮口に挿入した後に膨らませ、子宮口の開きを助けてくれるものです。

初産+計画分娩の場合は子宮口の開きが遅いことが多いのでほぼバルーンを挿入するかと思います。

またバルーンの他に同じ役割をするものとしてラミナリアというものがあります。

 

硬膜外麻酔の注射からのバルーンで私はまたもや極度の緊張状態になりました。

そのため、体動かしてしまい『動かないで!』と先生から本日2度目のお叱りを受けることになります。

情けないばかりです。

実際には痛みというよりは異物感があります。

翌日の出産に向けてそのままの状態でベッドに入りました。

 

第三の難所 生まれない

翌日バルーンを取ります。

子宮口が開いているので抜くときの痛みはありませんでした。

子宮口も広がり陣痛誘発剤を使用します。

 

私は前日の出来事ですっかり疲れきっていたので今日やっと赤ちゃんに会える!安堵していました。

しかしここから2日間赤ちゃんに会えることはありませんでした。

 

産院自体無理な出産はしない! がコンセプトだったので、陣痛誘発剤も比較的効果が薄い錠剤からスタートしました。

陣痛が起こらないようであれば、出産をあきらめ翌日にまた錠剤を飲むことを繰り返します。

一日目 出産しない
二日目 出産しない
三日目 午前中にメンタル崩壊

結果的には三日目の夜に出産しました。

しかし私は『もしかして、生まれないのではないか?』と心配になり涙しました。

その後無事破水し、いよいよ出産の準備に取り掛かることができました。

 

第四の難所 なかなか麻酔を入れてくれない

無痛だからといって一切陣痛を感じないわけではありません。

産院にもよりますが陣痛を感じてから麻酔を注入することもあります。

普通に陣痛を感じ、普通に痛いです。

(二人目の産院では陣痛を感じることなく出産したので産院によって違いがあるようです。二人目の出産では文字通り無痛分娩を体験できました。)

早く麻酔入れて下さい~!!!!

という私の訴えも虚しくなかなか麻酔が注入されません。

 

無痛分娩の費用

無痛分娩は普通分娩と違って費用が掛かります。

一般的には5万円前後かかるようです。

私は二人の子供を無痛分娩で出産しているで比較になるように金額を表にまとめました。

一人目の産院と二人の産院が違うので金額も異なりました。

無痛分娩代はおよそ平均金額内でした。

総額より出産手当金である42万円を差し引きすると実際に支払った金額はこのようになりました。

一人目:12万円
二人目:支払いなし(むしろ6万円戻ってきた)

 

なぜ一人目の金額が高いのかというと2つの違いがありました。

  • 入院日数の違い
  • 産院の違い

初産は経産婦(二人目以上産んでいる妊婦)に比べて入院日数が長いことで入院費用が高くなったことが挙げられます。

またA産院はパジャマ等の入院に必要だった備品をすべて産院が用意してくれる産院だったのに対し、B産院は自分で用意する産院でした。

この違いが総額に差が出たと思います。

 

出産手当金である42万円は初産の方が普通分娩した場合に収まるか収まらないか程の金額です。

無痛分娩を選択した場合、多少金額に足が出ると考えた方がよいでしょう。

10万円くらいは余分に用意した方が良さそうです。

産院によっても無痛分娩の金額は違うので産院で確認しましょう。

 

無痛分娩を選んでよかった!

この通り無痛分娩するためにはいくつかの難所を突破しなければなりません。

ただ麻酔が効くと、仮眠できるくらいには痛みがなくなりました。

 

そしてリラックスすることで子宮口も広がっていきました。

麻酔が効いているので『内診グリグリ』も痛くありませんでした。

 

私の場合、予想以上にお腹の赤ちゃんが大きかったようでなかなか出産できませんでした。

そこで会陰切開をし、吸引分娩で出産しました。

吸引する際は看護師4人がかりで麻酔の効いていないところお腹を押され、断末魔のように叫ぶことになります。

そしてやっと無事第一子を出産できました。

会陰切開とは簡単に言うと股を切開し、赤ちゃんの頭を通りやすくすることです。

普通分娩の場合、股を切開するのですから痛みもあります。

またその後の糸で切開口を縫うので二重で痛いです。

 

しかし無痛分娩は会陰切開をしても痛みはないです。

縫合でも痛みはありません。

私は普通に先生とおしゃべりできました。

 

このとき、無痛分娩を選んでよかった~と実感しました。

 

ただ出産翌日は麻酔の効果が無くなります。

そのため会陰切開した箇所が痛み出しました。

こればかりは無痛分娩でも仕方ないです。泣

 

無痛分娩のデメリット

メリットばかり書いてきたのでデメリットも書いておきます。

無痛分娩にはリスクがあります。

 

陣痛促進剤のリスク

陣痛促進剤とは文字どおり陣痛を促進する薬のことです。

 

自然分娩と違って計画的に行うのが無痛分娩です。

そのため計画した出産予定日に陣痛がこないこともあります。

その場合は陣痛促進剤を使用し、陣痛を誘発します。

点滴で投与の他に飲み薬での投与もあります。

 

どちらも体験しましたが、痛みは全くありません。

 

主なリスクとしては陣痛が強くなりすぎる(過強陣痛)になる場合があります。

過強陣痛だと子宮の圧迫による胎児機能不全になることや、子宮破裂になる恐れもあります。

 

実際に体験してみると陣痛促進剤を投与する際は看護師がモニターで陣痛の強さを確認しながら行います。

 

硬膜外麻酔のリスク

無痛分娩による硬膜外麻酔での胎児への影響はほとんどないそうです。

逆に麻酔をすることで母体がリラックスし呼吸が安定するので赤ちゃんに酸素を多く送ることができ赤ちゃんは苦しくないそうです。

(私が看護師から聞いた話です。)

しかし、硬膜外麻酔は稀に麻酔による母体への合併症等を引き起こす場合があります。

無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築について

引用の資料にも記載されている通り無痛分娩での死亡事故も過去には発生しています。

この資料を読んだ私の感想としては無痛分娩での出産が突出してリスクが高いというわけではないと感じました。

 

私が無痛分娩を体験して実際に感じたデメリット

一般的なデメリットであるリスクを踏まえたうえで私が実際に体験して感じたデメリットがコチラです。

  • 硬膜外麻酔が怖い
  • 出産後、2時間ほど歩くことができない
  • 麻酔による下半身の冷え
  • トイレの感覚がなくなる
  • いきむ力が弱くなる
  • 麻酔がきれると痛みが発生した

麻酔を使用することで陣痛の痛みが緩和されます。

しかし痛みが緩和されたことによりいきむ力が弱くなる可能性があります。

 

私は無痛分娩で陣痛の痛みが弱かったため、いきむ力が足りませんでした。

そのため機械で赤ちゃんの頭を引っ張り取り出すことができる吸引分娩となりました。

生まれてきたばかりの赤ちゃんは少し頭が伸びていましたが(笑)

時間の経過と共に治りました。

 

まとめ

今回の記事を簡単にまとめます。

  • 無痛分娩=楽な出産ではない
  • メリット・デメリットも考えた上で選択すること

無痛分娩については産院によって違いがあります。

そのため通っている産院の母親教室に通うことをおすすめします。

 

私の通っていた産院は無痛分娩を希望の方は必ず母親教室を受けなければなりませんでした。

母親教室に通うとその産院の無痛分娩のリスクや費用等説明してもらえます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。