日常

不動産業界への就職は資格なしでも可能?未経験・無資格の私が不動産管理会社に就職した話

就職先を考えた時、資格の有無が入社に大きく関わるときがあります。

資格がないから、この会社はあきらめよう…と考えたこともあるのでは?

そこで私がおすすめしたいのが、不動産業界です。

私自身でも未経験・無資格で不動産業界に就職したことがあります。

そこでこの記事では、不動産業界に資格なしで就職した経験談を紹介します。

  • 資格がなくても不動産業界で働ける?
  • 不動産業界はどんな仕事があるの?

不動産業界への就職が有利になる資格一覧も紹介しているので、是非最後までお読みくださいね。

不動産業界は資格がなくても就職できる

不動産業といえば、宅建の資格が定番です。

とはいえ、この宅建は就職後に資格取得した人も多く、資格がなくても不動産業界に就職するができます。

かくいう私も未経験・無資格で不動産業界に飛び込んだ一人でした。

不動産業界は就職してから学べることもあるので、まずは飛び込んでみるのもおすすめですよ。

不動産業界にはどんな仕事があるの?

不動産業界とは、どんな仕事をするのでしょうか?

以下に仕事内容をまとめました。

  • 住宅や土地の販売
  • 不動産の仲介
  • 不動産の開発
  • 不動産投資

主な仕事はこの4つです。営業の他にも、物件を建てたらどのくらい入居者が見込めるか予想したり、家賃の設定なども行います。

ゴリゴリの営業と思いきや事務仕事も多く、なかなかハードな仕事内容です。

そのため、多くの不動産業界では営業・接客・事務と分けて仕事を分担しています。

営業だと頑張れば年収アップが見込めますが、その分仕事内容はノルマ重視の大変きついものです。

逆に事務仕事なら、年収アップは見込めませんが、精神的な負担がなく働くことができますよ。

私も不動産事務として3年間働いてきました。

営業のサポートやお客様対応など多くの事務を請け負います。

覚えることも多いですが、精神的な負担が少なく、落ち着いて仕事ができますよ。

不動産業界への就職が有利になる資格一覧

資格なしでも不動産業界に就職できますが、あると有利になる資格を紹介します。

  • 宅地建物取引士(宅建)
  • 簿記
  • FP

宅地建物取引士(宅建)

 

不動産業界への就職を有利にしたいなら、まずは宅建です。

宅建には独占業務があり、資格取得するだけで仕事の幅が増えます。

例えば、賃貸物件を借りるときの【重要事項の説明】は宅建の資格がなければできない仕事です。

また、不動産業者の5人に一人は宅建の資格保持者が必要なので、会社としても重宝される資格です。

さらに、資格を取得すると資格手当(1万円~)を支給する会社も多いので、かなりお得な資格ですね。

簿記

 

不動産事務での就職を目指すなら、簿記はあると便利です。

簿記は近い将来ロボットが代用になると言われていますが、資格として十分な力があります。

簿記も資格手当(5000円~)が支給される会社が多くあります。

私が不動産会社に勤めていたときも、会社での資格取得講座はありました。

FP

 

FPはお金の流れや将来の資産について考える仕事です。

不動産業界では土地や物件を販売したり、不動産投資を案内したり、将来のお金に関わる場合が多くあります。

FPを取得することで説得力のある営業活動ができますよ。

またFPは家計管理などにも生かせるので、会社以外でも活用できる資格です。

資格手当も支給されるので、不動産業界の営業職に興味がある人におすすめです。

まとめ

この記事では、資格なしで不動産業界に入社した体験談を紹介しました。

  • 不動産業界は資格なしでも入社可能
  • 不動産業界の仕事はハードだが、部署によっては精神的な負担が少なく働くことができる
  • 資格なしでも入社できるが、入社後資格を取得することで資格手当などが支給され、年収アップすることができる

就職する前は、不動産業界は体育会系のイメージがありましたが、意外と女性スタッフが多く、驚きました。

また、仕事内容によって自分に合った働き方ができますよ。

さらに大手不動産業界は福利厚生が充実しており、育休・産休の制度も整っていました。

最大3年間育休を取ることができたので、女性が活躍できる職場だと感じます。

この記事が参考になれば、嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございます。